人生折り返しの50代の出会い

50代で都内で会社員をしている女性です。娘が2人おり、どちらも既に独立しています。会社は総務事務関係で、既に産休・育休も取得し、キャリアアップを見込んでいるというよりは、定年まで毎日の定型業務をこなしているという働き方です。

シニア向けマッチングアプリの利用動機

私は5年前に旦那がいました。しかし病気により夫にも先立たれ、子供も高校卒業後は地方の大学へ進学するため2人とも独立しました。今は自宅に1人です。

働いて帰ってきても1人きりという環境に耐えられず、新たな出会いを求めて登録しました。ただ、再婚をしたいというよりは男性の友達が欲しいという気持ちの方が強かったです。仕事も定時退社ができるため、会社で飲みに行く機会もなく暇を持て余していた、というのも理由の一つです。

20代の娘もマッチングアプリを登録していると聞き、自分には縁が遠いものかと思っていましたが、思いつきでインターネットで調べてみると、シニア向けのマッチングアプリもあることを知りました。まずは試しに娘と同じマッチングアプリに登録したのがきっかけです。

シニアマッチングアプリを始めて思ったこと

私は一番初めに娘と同じマッチングアプリに登録しました。女性は登録料や年会費など一切かからないため始めやすいと思いました。男性のプロフィールを見て興味があると思ったら「いいね」ボタンを押し、相手からも「いいね」が返ってきたら、晴れて男性と会話ができるというシステムです。

男性の年齢や年収などを検索することもできるので、自分好みの男性を効率よく探すことができます。始めてみて痛感したのが、やはり若い女性の登録者数が多いアプリだった、ということです。なかなか会話にまで発展せず、奇跡的に年齢が近い男性とのチャットが成立しても、あまり会話が弾まないまま終わってしまいました。実際に会うこともありませんでした。

50代にマッチしたサービス

50代という年相応のマッチングアプリサービスがないかインターネットで調べると「ユーブライド」というアプリが比較的年齢層が高い男性が多いということがわかりました。早速登録してみましたが、ペアーズより登録している男性と会話がしやすいように感じました。ただ、結婚に真剣な人が多いです。

シニア向けのマッチングアプリを始める前にまず「結婚をしたいのか」が重要かと思います。「ユーブライド」は結婚に真剣な人が多く、自分が男性の友達を作るくらいで良い、という心持ちで始めると相手に不快感を与えてしまう可能性があります。

また、結婚相談所と違いネット上のチャットから出会いが始まるので相手のメッセージにできるだけ早く返信してあげるのが、早く相手を見つける近道になると思います。

アナタにおすすめのマッチングアプリ

関連する記事の一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。