高望みしない事が成功の秘訣

58歳の女性、会社員です。結婚歴はなく、これまでずっと仕事を優先させてきました。職場ではそれなりの地位を掴み、仕事の面では評価されています。仕事帰りにはジムにも通ってスタイルをキープしており、容姿はそれなりに自信のあるタイプです。

シニア向けマッチングアプリの利用動機

シニアマッチングアプリを利用したきっかけは、普段の生活の中では出会いが無いという事が大きいです。仕事柄、色々な男性と話をする機会がありますが、「素敵だな」と感じる男性は皆が既婚者でした。

また仕事を通じた知り合いには「気の強い女性」と思われているのか、あまり女性として見られていない感じもしていました。私と同世代になると、ほとんどの人が結婚しているのが現実なので、自分から出会いの場を探していかないと男性とも出会えないという自覚もありました。

しかし結婚相談所やお見合いパーティーを利用するほど時間の余裕がありません。もっと気軽な出会いがいいなと考えていた時にマッチングアプリの体験談を読み、これなら時間の事を気にせず自分の好きなようにお相手探しが出来ると思い、登録する事を決めたのです。

お相手が見つかるまで予想以上に時間がかかりました

私が利用したシニアマッチングアプリは「華の会メールBridal」です。他にもマッチングアプリはたくさんありますが、私の最終的な目的である結婚相手を探すため、にマッチしていると考えました。

元々自分に自信を持っていたので、マッチングアプリさえ利用すればすぐにでも相手が見つかると思い込んでいました。相手への条件もかなりレベルを上げていたと思います。

しかし残念ながら条件の良い男性が私に振り向いてくれる事はほとんどありませんでした。アプローチしてもことごとく無視されてしまうので、途中で心が折れそうになった事もあります。

プロフィール変更で光明が差した

マッチングする事すら難しい現実に焦り始め、少し相手への条件と自分のプロフィールを見直しました。相手への条件は年収と身長を低くして、年齢を上げてみました。

また自分のプロフィールは写真がきつい印象を与えると思い、もう一度撮り直しました。今度は女性らしい柔らかい雰囲気が出せたと思います。するとこれまでとは状況が変わって、たくさんの男性とマッチングするようになりました。

自信を失いかけていたタイミングだったので、この変化は素直に嬉しかったです。マッチングした相手とは積極的にやり取りを行い、「会ってみたい」と感じた男性には早い段階で会うようにしました。

良い感じに進んでも途中で自然消滅したり、「他にお付き合いする女性が出来た」とあっさりフラれてしまう事もあり、婚活は決して順調に進んだ訳ではありません。ただ頑張っていればいつか自分に合う男性に出会えるはずと諦めずに頑張りました。その結果、活動を始めてから1年後にようやく運命の相手に出会いました。

彼は60歳で婚姻歴もありません。大人しく真面目で、実は最初に掲げていた相手への条件と全く異なるタイプです。ただ婚活をしている中で、結婚するなら真面目なタイプの人がいいなと考えるようになりました。なかなか婚活が上手くいかない場合は、凝り固まった考えを改めて、自分の現状を見直すという事も大切だと思います。

アナタにおすすめのマッチングアプリ

関連する記事の一覧