マッチングアプリでドタキャンされた時の返事の例文

マッチングアプリでドタキャンされた時の返事の例文

マッチングアプリで会う約束をしても、ドタキャンされてしまうことがあります。健康上の理由や急用であれば仕方がないですが、気持ちは落ち込んでしまうでしょう。だからといって返事をしなかったり、怒っているメッセージを送ったりするのはいけません。せっかくマッチングした縁が確実に途絶えてしまうからです。記事では、デートがドタキャンされたときに送る返事を紹介します。

【マッチングアプリでドタキャンされた後の返事】
0点「少しだけでも会えない?」

スケジュール調整をしてやっと会う約束をしたのに断られてしまったら後ろ髪がひかれるもの。思わず「少しだけでも会えない?」とメッセージをしたくなる気持ちもわかります。しかし、事情があるからやむなくドタキャンした相手の立場になれば、無理に会うことを強要されたとマイナスイメージが伝わるかもしれません。
せっかくマッチングした縁を大切にしたいなら、気持ちを落ち着けて次のチャンスにつなげる方が得策です。余裕のある態度で接しましょう。

【マッチングアプリでドタキャンされた後の返事】
20点「次はいつにする?」

ドタキャンの事情はさまざまですが、体調不良のケースも多々あります。そのような理由で会うことを断ってきた相手に、間髪を入れず「次はいつにする?」と聞くのもマナー違反です。相手からすれば「もう次の話?こっちはつらいのに!」と怒ってしまいます。
まずは相手の状態を気遣う気持ちが大切。2~3日時間を開けてから、相手の状況を確認しつつ、スケジュールを組み直すとよいでしょう。

【マッチングアプリでドタキャンされた後の返事】
60点「了解です。お大事にね」

体調不良でドタキャンした相手に「了解です。お大事にね」とだけメッセージを送るのは、あまりいただけません。なぜなら冷たい対応に受け取られてしまうからです。一応気遣いの言葉を使ってはいますが、突き放している印象も受けます。これでは、相手は状況が回復した際、メッセージを送りづらいです。もう少し親身になった言葉遣いで相手の懐に入る必要があります。

【マッチングアプリでドタキャンされた後の返事】
100点「残念だけど仕方ない。お大事にしてください」

マッチングアプリでドタキャンされた時に返す返事として「残念だけど仕方ない。お大事にしてください」は満点のメッセージです。残念がってくれているという気持ちが伝わるので、親しみがわきます。本当にやむを得ずドタキャンした場合なら、多少なりとも申し訳ない気持ちがあるもの。その点、気遣ってくれるワードも含まれているので気遣いのできる人だと伝わり、人物としての評価もアップするでしょう。
このように返信しておけば、やがてドタキャンした方から改めて会う約束の段取り連絡をくれる可能性が高いです。

まとめ

マッチングアプリで会う約束をしてもドタキャンされる可能性があります。せっかくのご縁を大切にしたいなら短気は起こさず、相手を許す気持ちになってメッセージを送りましょう。その際のポイントは、会えなくて残念だという気持ちと、相手をいたわる気持ちを伝えること。そうすることで、ドタキャンした相手からふたたび会いたいというメッセージが届く可能性が高まります。

関連する記事の一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。