マッチングアプリでの失敗と成功…その差は「褒め方」にあった!

マッチングアプリでの失敗と成功…その差は「褒め方」にあった!

マッチングアプリでは、多くの異性とカップリング成功する人がいる一方、まったく誰とも会えずいつも失敗ばかりという人もいます。成功と失敗の違いはどこにあるのでしょうか。相手の顔が見えないマッチングアプリでも、成功者は好意をよせられます。そのコツは褒め方にあるのです。褒め上手はマッチングアプリ成功の鍵ともいえるでしょう。記事では、やってはいけない褒め方から、褒め上手になるテクニックまで紹介します。

【マッチングアプリで失敗するほめ方】
曖昧に褒めてはいけない

マッチングした相手にメッセージを送る時、褒めると好感度が上がります。しかし、曖昧に褒めてしまうと逆効果になることもあるのです。例えば「やさしそうな雰囲気ですね」と褒めても、「会ったこともないのに何がわかるのか?」と素直に喜んでもらえません。確かに会ったこともない相手のプロフィール写真だけを見て内面を評価することは難しく、いい加減な感想を述べているだけと思われるリスクが生まれます。
また、曖昧な褒め方は他の人と差別化ができません。マッチングアプリを利用していると同じような言葉で褒める人が他にもいます。メッセージを受ける身になれば「また同じ内容か」とウンザリ。言葉の差別化が出来なければ、相手の心には何も残らないのでマッチングも失敗してしまいます。

【マッチングアプリで失敗するほめ方】
過度に褒めてはいけない

マッチングアプリで仲良くなろうとしたら褒めることは必須です。しかし手当たりしだいに褒めても失敗してしまいます。過度に褒めすぎると、軽薄なマイナスイメージを与えてしまうからです。
また、やたらめったら褒める人は言葉のボキャブラリーが貧弱になりがちです。「やさしそう」「かわいい」「かっこいい」など単純な言葉を連発していると、たとえ褒め言葉だとしても「頭が悪そう」と思われデメリットになります。

【マッチングアプリで成功するほめ方】
具体的に一言で褒める

マッチングを成功に導くナイスな褒め方は、具体的かつ一言で褒めることです。相手のオリジナリティを探し出し、そのポイントを指摘します。実際、相手のプロフィール写真や自己紹介文などから、あなたが興味を持ったポイントがあるなら、素直に伝えると良いでしょう。
例えば「女性らしい洋服が似合いますね」「仕事に前向きに取り組んでいて尊敬します」のような感じです。そして、褒めるときにもいくつかのコツがあります。

【具体的に褒める成功例001】
一歩踏み込んで褒める

当たり前のことばかり褒めるとマイナス評価されてしまいます。例えばマッチングアプリのプロフィール文章が長文の相手に対して「スマホで長文が打ててすごいです」と褒めたら、あまりに当然のことに「からかっているのか?」と腹を立てる人もいるでしょう。
一方、人間には承認欲求というものがあり、そのポイントをくすぐるように褒めると喜ばれます。「引き込まれる文章でしたので最後まであっという間に読めました」のように一歩踏み込んで褒めることがマッチング成功のコツです。

【具体的に褒める成功例002】
物ではなく人を褒める

マッチングアプリのプロフィール写真は、ファッションにこだわって撮影する人が多くいます。そのため、褒めるポイントが豊富にあるのです。しかし、例えば帽子をかぶっている相手に「かわいい帽子ですね」と褒めるのはよくある失敗例です。この場合、「帽子のセンスがいいですね」や「帽子がよく似合いますね」と褒めましょう。アイテムではなく、それを選んだあなたのセンスが素晴らしいとハッキリわかるように伝えてこそ意味があります。

【具体的に褒める成功例003】
質問形式で褒める

いくらマッチング成功させたいからといって、歯の浮くようなセリフで褒めることに抵抗を感じる人もいるでしょう。そのような場合でも、質問形式なら素直に伝えられます。例えばプロフィール文章に料理が得意だと書いてあれば「どうすればあなたのように料理が上手になれますか?」と質問するのです。質問された相手は喜んで料理技術を習得したプロセスを教えてくれるでしょう。この質問形式は一見して褒め言葉には見えませんが、相手を喜ばせるという意味では同じ意味を持ちます。つまり自慢話をしてもらうのです。話す方は聞いてくれるだけで気分が良くなります。相手の気分が良くすることが、マッチング成功への近道です。

まとめ

女性でも男性でも褒められると気分が良くなります。しかし間違った褒め方をするとマッチングが失敗してしまうでしょう。褒めるときには具体的なポイントをできるだけ短い言葉で伝えると効果的です。マッチングアプリでは会ったことがない相手とメッセージのやり取りをします。そのような相手の気持ちになって褒められるかどうかが、成功と失敗を分けるボーダーラインです。

関連する記事の一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。